40's〜50's Lee Riders 101B 赤センタータグ デニムパンツ W32 [37554]

40's〜50's Lee Riders 101B 赤センタータグ デニムパンツ W32 [37554]

販売価格: 198,000円(税別)

(税込: 217,800円)

合計10,000円(税込)以上のご購入で送料・代引手数料無料!!
会員登録で、ご購入の際、1,000円毎に1ポイント貯まり、1ポイント50円でお使いいただけます!!

商品詳細

サイズの詳細



サイズ
表記 不明
ウエスト 32inch (80cm)
レングス 31inch (78cm)
股上 30cm
わたり幅 28cm
裾幅 21cm
着用スタッフ 174cm 65kg

コメント
年々出現率の低いLeeでここまでの一本は 本当に久しぶりです。1930年代 Leeの不朽の名作【101】が誕生し44年 【Lee COWBOY】から【Lee RIDERS】に変更
45年より50年代初期まで付けられた 通称【赤センター】タグさらに101B(ボタンフライ)
まずは W32 L31でのシルエットをご覧下さい

私(174cm 65kg)でウエストは指1、2本程度の理想的なフィッティングです。レングスはそのままでも2ロールでもスタイルによってどちらでも良い長さです。私程の体型の方にはベストサイズと言って過言ではありません。

Levi'sの右綾が通常と言われ、逆綾とも言われます。 ヒゲは出にくい左綾ですが、薄っすらとヒゲも確認できます。 縦落ちは右綾よりも綺麗に出ると言われる左綾ですが 右綾は【点落ち】左綾は【線落ち】と称されます。
それぞれの違いを説明しますと右綾は織り込まれる際に入る力の加減が左綾よりも強くしっかりと入るので、生地が伸びにくいのが最大の特徴です。

またしっかりと織られているが故に、馴染んできても生地自体がフラットになりにくく凹凸の強い状態が維持されるため表面のみ色落ちしていきます。
コレを「点落ち」といいます。 この点落ちをすることでよりしっかりとしたヒゲやハチノス、アタリと呼ばれる色落ちがより明確にくっきりと付いてくるのが右綾の魅力です。
一方、左綾は右綾に比べると織り込みの力加減が右綾に比べると少し甘くなる為、右綾に比べると生地が馴染み易いという特徴を持っております。

この馴染みやすいが故に生地自体がフラットになり、凹凸感が少なく裏糸部分が前に出てきやすくなり「線落ち」と呼ばれる流れるようなきれいな色落ちを楽しむ事が出来ます。 今一度綾目線でデニムに触れてもらうと見た目・手触りともに違いを楽しんでいただけると思います。裾はステッチの綻びはございますが、オリジナルレングス。片耳です。ピスネーム&身頃高。一生ものの一本のお探しの方にはこちらも是非候補に入れてもらえたら光栄です






コンディション

*パッチが欠損しております*

*ポケットにダメージがございます*

*ベルトループ、ポケットにダメージがございます*

*裾にほつれがございます*