70's Barbour England製 "Gamefair Jacket" 1ワラント [71151]

70's Barbour England製 "Gamefair Jacket" 1ワラント [71151]

販売価格: 15,900円(税別)

(税込価格: 17,490円)

合計10,000円(税込)以上のご購入で送料・代引手数料無料!!
会員登録で、ご購入の際、1,000円毎に1ポイント貯まり、1ポイント50円でお使いいただけます!!

商品詳細

表記
-
肩幅
-cm
身幅
58cm
着丈(首後ろ付け根から裾)
85cm
袖丈(肩から袖先)
-cm
裄丈(首中央から袖先)
75cm
コンディション
よごれ、ダメージ、擦れ、ジップの交換があり、ビンテージらしい良い雰囲気が出ており、大変かっこいい一着です。
Barbour
1894年に、ジョン・バブアーによってイングランド北東部にある港町サウス・シールズにて誕生したBarbour。
産業革命で発展を遂げた当時のサウス・シールズでは河口流域での漁業が盛んな時代。重工業が発達するにつれて造船業や炭鉱、その荷役などで栄え、多くの漁師や港湾労働者が集まり賑わっていました。
そしてその漁業、荷役を職とする者たちが働く場の海沿い、海上の環境は極寒と暴風の不順な天候が問題となっておりました。
目をつけたバブアー氏は、雨や強風に強い防寒、防風、防水機能を備えた、おなじみのワックスコットンを開発し、Barbourの歴史ははじまります。

1920年頃にはスポーツとしてモーターサイクルが大流行。
広大な自然の中にある悪路をバイクで駆け抜けるため、過酷な環境下でも身を守れるウェアが求められるようになり、モーターサイクルジャケットの「インターナショナル」を制作しました。
そして40年代後半にはモーターサイクル以外にもスポーツが発展。ハンティングシーンに目をつけた「ソロウェイジッパー」を制作しました。

1960年代になるとオイルドジャケットの耐久性や品質の高さが知れ渡り、イギリスの国民的なブランドとして成長していきます。
1974年にはエジンバラ公、1982年にはエリザベス女王、1987年にはチャールズ皇太子から、ロイヤルワラント(皇室御用達)の栄誉を授かります。

タグにつく王冠、勲章をワラントと呼び、年代によってつくワラントの数も上記の文から判別できます。 そして今もなお、カントリーウェアの代表格として世界中から愛されるウェアを追求するブランド、Barbourです。
コメント
こちらのモデルはGAMEFAIR(ゲームフェア)。

60年代からはじまる少々レアモデルです。現在は廃番。
競馬の観戦用として製作され、簡易的で無駄を削いだモデルになります。そのためハンドウォーマーは無し。襟が少々尖った形になっております。
当時は数もそこまで多くは製作されていなかったであろうと予想している方も多く、これから希少性はグッと上がるかと思います。
1ワラント時代の希少アイテムです!!

着用スタッフ-cm -kg※スタッフによる着用画像をご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。























・ご質問には必ずお答えします。

・スタッフ着用による商品の着用画像のご依頼や商品のお取り置き、商品の関してのご質問など、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

・細かい点を気にされる方はご購入前にお問い合わせください。

・商品の色味は、接近して撮影している写真が一番実物に近い色味でございます。ただし、ご閲覧いただく環境やカメラの性能による色味の出しにくい商品に関しましては、多少の差異がある場合がございます。より正確な色味を気にされる方はご購入前にお問い合わせください。

  • サイズの詳細