PRAS


帆布(キャンバス)


帆を張って風を受けて進む帆船が一般的であった時代、
その帆に使うための厚手で丈夫な布として作られたのが始まり。






児島で生産される帆布は、全国シェア70%を誇っておりシンプルかつ丈夫で、
バラエティー豊富なアイテムが揃います。






バルカナイズ製法

1839年にアメリカで生まれたスニーカーの基本製法
ソールがそり上がってアッパーを巻き込んでいる独特のデザイン。
見た目はもちろんのこと、 底とアッパーの結合が強く、 底が剥がれにくい、
型崩れしにくい、といった機能性も兼ね備えたこのフォルム。










「バルカナイズ製法」は基本的に手作業。





その為 想像以上に労力と手間がかかり 生産効率が悪く、
その数は激減し現在、日本でバルカナイズ製法を行っている会社は3社しかありません。





生ゴムの比率が高い為、履き込んだ際にヴィンテージのような
生成りへと変化していきます。
アイレットは敢えて加工無しで、素材本来の色味を表現しています。



今回この最強タッグで、1950〜60年代に見られるキャンバススニーカーがリリースされました。

シンプル且つクラシックなスタイルは飽きがなくスタンダードな品。


拘りのMADE IN JAPAN。


単に日本製ということではなく、


「真摯さ、繊細さ、愚直さ、誠実さ、謙虚さ、懇切さ」のような目には見えない
内面的な日本的特質を訴えかけるものです。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7